九州熊本に住むパソコンインストラクターごりがお気楽に綴る日記です。PC初心者にとって役に立つことあるかもよぉ!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!ごりですm(__)m

先日の記事で、ドストエフスキーの「罪と罰(つみとばつ)」にチャレンジしていることを書きましたが、
上巻を1ヶ月近くかかって読み終え、下巻に移った頃、急に太宰治の人間失格を、無性に読みたくなりました。
今年に入って映画を2本観たんですが、その時の予告で、太宰治の「人間失格」が初の映画化!って言ってたんです。
それを見た途端、この映画を「観たい!」って思いました。
主人公役は、生田斗真(いくたとうま)。
今、盛んに映画のPRでTVに出ていますよね!
もう公開されていますが、まだ劇場へは足を運んではいません^_^;
近々観に行こうと思っています!

角川映画「人間失格」公式サイト

麦子きゃぁ~、あたいは作品というより、斗真(とうま)君?!(ー_ー)!!麦子 ニコッ!


続きへ行く前に、一押し応援お願いしますm(__)m
 
人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking




おいおい、麦子、まっ、お前が幸せなら、それが一番^_^;


太宰治の小説との出会いは、中学の頃。

確か夏休みの宿題か何かで、

読書感想文を書かなければいけなかったことがありました。

以前の記事、「30年前、あの頃の思い出がたくさん!」で、お話した

2.5母(二年と半年だけの母)が、薦めてくれたのが、

「走れメロス」でした。

期限も迫っていたし、長編はまず無理でしたから、

これを薦めたんだと思うんですけどね。


『メロスは激怒した。』で始まるあの作品、一気に読み終えた記憶があります。

メロスの心の動き、葛藤がすごく印象的で、

感想文もすらすらと書けたと記憶しています。


その後、18歳~20歳くらいになってから、「人間失格」を手にとりました。

ただ単に、タイトルに惹かれてでしたけど、「走れメロス」のあの印象があったので、

何の迷いもなく読み始めて、その内容に驚愕しました。

自分自身の命を絶つという選択をし、それを実行した。

「人間失格」は、太宰治の手記とも言える作品で、

作者自体を狂人と表されていることも少なくありませんもんね。

中学時代に感想文の題材にした「走れメロス」とは、

全く異なるシロモノであったわけですから、

ビックリしたのは当然です。


でも、何故だろう?


何かしら、主人公と自分に似た部分があることに好感が持てたというか、

妙に共感をしてしまう部分があったことも事実です。

なんとも表現のしようがない気分でしたよぉ~。

若かりし頃には、何もかも、もうどうでもいいなんて思うことってありましたからね^_^;

そうそう、善のように見えるものが悪であり、

悪のように見えるものが実は善かもしれない!

なんていった類のことを考えたりしてましたからね^_^;

いわゆる社会や大人への反抗ってやつです^_^;

善=悪 悪=善

まっ、今考えれば、表裏一体ってことだったんでしょうけどね。


それから、何かの節目や転機には、不思議とまた読み返したりしていました。


いやぁ、ずいぶん前に買った本だから、紙面は黄ばんでいます。

定価200円

あはっ、まだ消費税も導入されていない?!(笑)

太宰治 人間失格


この本を久々に手にとり、「罪と罰」を読んでいる途中にも関わらず、

又、改めて「人間失格」を読み返しました。

読む度に、受け取る印象、心に響く部分が違います。

なんとなく、読みたい気分になる、不思議な作品とでも言っておきますぅ^_^;

あはっ、何ともわかりづらい微妙な表現で、す、すみません(-_-;)

ドストエフスキーの「罪と罰」の1冊が、500ページ以上あるのに比べ、

太宰治の「人間失格」は、巻末の解説も含め、200ページにも満たないし、

以前読んでいる作品でもあることから、一気に読めました。


でもってぇ~、驚きました


ははぁ~ん、読まされた


って、思わず口に出してしまいましたよ


それは.....

人間失格の本の中に、

主人公の葉蔵と友人の堀木とが、アントニム(対義語)の当てっこゲームをやっているくだりがあります。

その流れの中の後半の文章に、次のような一説がありました。

人間失格の文章より抜粋

罪と罰。ドストイエフスキイ。ちらとそれが、頭脳の片隅をかすめてはとおり、はっと思いました。もしも、あのドスト氏が、罪と罰をシノニムと考えず、アントニムとして置き並べたものとしたら?罪と罰、絶対に相通ぜざるもの、氷炭相容れざるもの。罪と罰をアントとして考えたドストの青みどろ、腐った池、乱麻の奥底の、・・・・・・ああ、わかりかけた、いや、まだ、・・・・・・などと頭脳に走馬燈がくるくる廻っていた時に、
「おい!とんだ、そら豆だ。来い!」
堀木の声も顔色も変っています。・・・・・※


シノニム(同義語) アントニム(対義語)
太宰治がいった、罪と罰は対義語ではないか?


以前読んだ時には、気にもとめていなかったんだと思います。

「罪と罰」を読み始めていたからこそ、気付いたというか、

キタァ~~!ってことですよね。


今はまた、ドストエフスキーの「罪と罰」の下巻に戻って、少しずつ読み進めています。




はてさて、


罪と罰 → 人間失格 → 罪と罰 → ???


どんな意味で、何に導かれているのか?


映画「人間失格」も観る予定ですから、


とにかく、


楽しむことにしました



が、今夜は本はおあずけ!

もう寝ます

だって、もう夜中の3時を回っちゃいましたからぁ~


ブログをとるか?はたまた本をとるか?


それが、問題だ(笑)


ブログと読書、両方の時間をゆっくり持てるようになればいいなぁ~


( ゚o゚ )オ(゚▽゚)ヤ( ゚・゚ )ス(゚━゚)/~ミー



麦子あんたの読書、いつまで続くことやらぁ~(ー_ー)!!
ごり:あははっ.....^^;
ワインchan無理せず楽しむざんすわよぉ~?!ボンジュ~ル!



ブログランキングに参加しています。
どんな意味があるのか?映画も楽しみじゃん!って思った方、
ポチッと押して、清き1クリックをお願いしますm(__)m
 
人気blogランキングへ  FC2 Blog Ranking





2010/03/02(火)のブログ記事 映画「人間失格」観ました!


コメント
この記事へのコメント
太宰治さんの作品は
走れメロスしか読んだことありません。
人間失格もすごく気になります。
ぽち
2010/02/27(土) 20:56 | URL | 笑顔整体の副院長^^ #-[ 編集]
人間失格、高2の時に読んだ娘が、司書の先生に「自叙伝みたいなもんだから、よく読めたね」って言われたそうです。
娘曰く、鬱になる~
人間失格は、読むときの気持ち次第、年齢で、いろいろな取り方が出来る気がします。
応援ポチ
2010/02/27(土) 21:57 | URL | ブルー・ブルー #-[ 編集]
ポチポチ
人間失格も 昔読みましたが 難しかったな~。
走れメロスが わかりやすくて好きです。
メロスは 感動しましたね~。
こういう親友 まず 存在しないと思います。
2010/02/27(土) 23:51 | URL | あさがお #qNXjQhIg[ 編集]
>コメントありがとうございますm(__)m

v-132 笑顔整体の副院長^^さんへ
副院長先生、ご訪問ありがとうございますm(__)m

>太宰治さんの作品は
>走れメロスしか読んだことありません。
走れメロスは大好きです。
文学作品って一度読んだものでも、時を超えて読むと、
又、違った印象があるから、不思議です。

>人間失格もすごく気になります。
マイナス思考のかたまりみたいなところが、なんとも微妙です。
が、今回改めて読み返してみたら、
ここまでいくと、それもありなのかも?
って思えてしまう不思議な感覚を覚えました。
映画がどんな感じに仕上がっているのか、とても興味深いです。

>ぽち
応援ありがとうございますm(__)m




v-132 ブルー・ブルーさんへ
ブルー・ブルーさん、ご訪問ありがとうございますm(__)m

>人間失格、高2の時に読んだ娘が、司書の先生に「自叙伝みたいなもんだから、よく読めたね」って言われたそうです。
>娘曰く、鬱になる~
おぉ、高2で読まれたなら、司書の先生もそうおっしゃるでしょうね。
自虐的な感じがしますもんね^_^;
人の顔色をうかがったり、あえて道化を演じたりなんていうところが、
自分の幼少時代とかぶったりしたわけなんです。

>人間失格は、読むときの気持ち次第、年齢で、いろいろな取り方が出来る気がします。
そうですよね。
今回読み返してみて、そう思いました。
意外とさらりと読めたから、若い頃より気持ちが落ち着いたんだと思います^_^;

>応援ポチ
応援ありがとうございますm(__)m




v-132 あさがおさんへ
あさがおさん、ご訪問ありがとうございますm(__)m

>ポチポチ
応援ありがとうございますm(__)m

>人間失格も 昔読みましたが 難しかったな~。
気持ち的に理解しがたいところもあるでしょうからねぇ^_^;

>走れメロスが わかりやすくて好きです。
>メロスは 感動しましたね~。
走れメロスは、ごりも大好きです。
いいですよね(^○^)

>こういう親友 まず 存在しないと思います。
だからこそ、そういう友に出会う生き方をしたいなぁ~って思います。
信じるって素晴らしいことですからね。
コメントありがとうございますm(__)m

2010/02/28(日) 03:36 | URL | ごりの日記-in熊本 ごり #ZFPdhQVM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gori3.blog13.fc2.com/tb.php/1537-1980b11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:熊本 SEO対策:パソコン SEO対策:インストラクター SEO対策:グルメ SEO対策:お菓子 SEO対策:激辛
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。