FC2ブログ
九州熊本に住むパソコンインストラクターごりがお気楽に綴る日記です。PC初心者にとって役に立つことあるかもよぉ!
こんばんは、ごりですm(__)m

「ハードディスク(HD)が一杯になっちゃった」とか、「メモリーが足りなくて作業ができない」とか、パソコンを使っている上で、このような場面に出くわすことがありますね。

実はこの2つ、どなたのご家庭にもあるキッチンの中に存在するものと働きがよく似ています。
そして、密接な関係を持った似たもの同士なのでござる。

麦子出た出た!
今度はパソコンの中にあるもんがキッチンだとさ!
洗濯機の次は、冷蔵庫やコンロってわけ?
ごり:まぁ、まぁ、黙って最後まで聞けよ。



メモリーとハードディスク(HD)は、どちらもCPUと並ぶパソコンの重要な部品で、パソコンの中で情報(データ)を「置いておく」ための機械です。

情報(データ)を置いておく場所であることは同じなのですが、その役割はメモリーとハードディスク(HD)とでは少し違います。

メモリーがいわば、「覚える」機械なら、ハードディスク(HD)は、「貯めておく」機械なのです。

もっと、砕けて話すと、メモリーがキッチンにある調理台やコンロ
ハードディスク(HD)が冷蔵庫って訳です。

キッチンで作られた料理を、後々腐らないように冷蔵庫にしまう。

メモリーで覚えている一時的なデータをハードディスク(HD)に保存する、
ってことです。

つまり、お静殿(うちのおっかぁ)が作った料理を腐らないように冷蔵庫にしまう。
ってことです。

調理台であるメモリーが大きいと、たくさんの料理を一度に作ることができます。

調理台で、食材を切ったり、きざんだり....
たとえば、コンロが1つしかなかったら、1つの料理しか作れません。
2つ作ろうと思ったら1つ目の料理が出来上がってからしか次の料理が作れません。

コンロが3つあったら、煮物をしながら、味噌汁作って、プライパンで炒め物が作れます。

煮物がワープロソフト、味噌汁が表計算ソフト、炒め物が画像処理ソフトだと考えてみてください。

メモリーが足りないと一度にたくさんの仕事(ソフト)を起動して使うことができません。

コンロが少なくて、火力が弱いと一度にたくさんは作れませ~~ん。
ってことになりますよね。

つまり、「メモリーが足りません」というメッセージとして帰ってくるのです。

料理を作る時間も長くかかってしまいます。

メモリーは一時的な調理台ですから、そのままそこに料理をとどめておくわけには行きません。

腐らないように、明日も食べることができるように料理を保存する冷蔵庫、これがハードディスク(HD)ってことになります。

ふぅ~~、一気に書きましたが、わかりましたかぁ???



『ビックリマン20th ANNIVERSARYアンコール版』発売までのカウントダウンをごりと一緒に楽しみましょう!
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
『ビックリマン20th ANNIVERSARYアンコール版』発売まであと何日?




麦子なんだかなぁ、イマイチなのよね、あんた!
なんで煮物と味噌汁と炒め物なわけよ。
肉じゃがと野菜スープとレバニラ炒めって言えないわけ!
ごり:そ、そんなぁ~、おんなじことジャン!
麦子あまいわねぇ!サル!
どうせたとえるなら、リアル感が欲しいわよ!
ねぇ、皆さん(^_-)
ほんと、あんたってセンスないんだからぁ~~
ごり:あぁ、あぁ、わかったよ、そうだよ。
どうせ、ごりはセンスない、そうそう、扇子じゃなくてうちわだよ。




ブログランキングに参加しています。
麦子のいうこと、ごもっともと、共感してくださる方、
ポチッと押して、清き1クリックをお願いしますm(__)m
↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
SEO対策:熊本 SEO対策:パソコン SEO対策:インストラクター SEO対策:グルメ SEO対策:お菓子 SEO対策:激辛